池袋の交通事故指定院「いとう鍼灸整骨院」 保険診療だけでなく整体マッサージにも対応します。
Instagram
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)

毎月くる生理って、どんなことが起きてるの?

2021.10.22

女性は妊娠・出産・授乳といった役割があるために、子宮・卵管・卵巣など女性特有の生殖器官が多数あります。

また、女性の体は女性ホルモンの分泌に大きな影響を受けており、生理時の下腹部痛・腰・背中などの痛みを伴います。

関係するホルモンはプロスタグランジンが挙げられます。

〇生理痛発生の過程として

卵巣内で卵胞(卵子を囲む袋)を育てるエストロゲンが働き、排卵の準備を整えます。

この厚くなった子宮内膜へ受精卵が着床するとそのまま妊娠しますが、着床しなかった場合には子宮内膜が役目を終えて剥がれ落ち、血液とともに体外に排出されます。

この時プロスタグランジン(痛みのもと)が分泌され子宮の収縮を促します

このプロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり、子宮の周囲の充血やうっ血に伴って痛みを生じます。

この生理痛ですが

『「痛くて当たり前」ではありません』


また、薬で一時的に症状が緩和できても根本的な原因にアプローチできなくてはその痛みは繰り返しになるでしょう。

生活に支障をきたす程の痛みが強い場合、考えられる病気として、
〇子宮筋腫
〇子宮内膜症
〇子宮腺筋症
〇骨盤内炎症
など挙げられます。
 これらの病気になる前段階として、手術や薬に頼る前に取り組むべき改善策として当院では以下のことを行なっています。


1骨盤・背骨を整える
女性の骨盤は出産をする上で広く作られています。

その為、伸縮しやすかったり歪んでしまったりと不安定になりがちです。

その骨盤内には内臓の他、先にお伝えした生殖器官(子宮・卵管・卵巣)が位置するため、骨盤が歪むとこれらの臓器への栄養血管の血流が滞り、様々な障害を生じます。

骨格の歪みを本来の位置に矯正し安定させることで、血流を促進し内臓器の元気を取り戻すことで、ホルモンバランスや自律神経を安定させていきます

2頭蓋骨を整える
女性ホルモンは骨盤内の女性生殖器からも分泌されますが、その司令塔となりホルモンを出したり止めたりする場所は脳幹と言い、後頭骨から頸の上の部分に位置します。

また、脳幹は自律神経の司令塔でもあるので、過度なストレス、不規則な生活、人間関係、環境の変化、骨盤や背骨の歪み等様々な事で乱れやすく、イライラしたり、血行を悪くさせ体温を低下させ冷えやすい状態にします。その影響により子宮の収縮を促すホルモン、プロスタグランジンが過剰又は、過小に分泌されることにより生理痛の症状が現れることもあります。そのために頭皮、頸部、肩にかけての筋緊張を取り除いた上、23個存在する頭蓋骨の歪みを修正し、その骨同士を繋ぐ縫合部を矯正する事で、老廃物の排出と栄養血管の通り道を作り整えることが必要となります。

3生活改善、運動指導
いくら施術で緩和できても、私生活も変えていかなければまた悪い状態になってしまいます。

食事・睡眠を意識する事、疲れない体作りのための姿勢改善、オンオフの切り替え等これらを意識することにより、時間をかけても徐々に体質の変化を感じられ、人間誰しもが持つ自然治癒力を向上させ生理痛を改善することができます。

初めは慣れなくても少しづつ意識する事で確実に身につき、さらに施術と併用できれば相乗効果で、ステロイド剤に頼る事なく日々の生活を過ごせるはずです。

 体の歪みを改善し自然治癒力を呼び覚まし、生活習慣を見直して生理痛に悩まない毎日を送り日々の生活を充実させていきましょう。.

お問合せはコチラ

東京都豊島区南池袋2-27-1 村田ビル2F
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:30
土曜日診療は10:00~14:00までの時間で受付けいたします。